占いを仕事にしよう

占術

タロットカード占い

タロットカード占いは『大アルカナ』と呼ばれる“The Fool”(愚者)、“The Magician”(魔術師)、“The High Priestess”(女教皇)などのそれぞれ異なる絵柄の描かれた22枚のカードと、『小アルカナ』と呼ばれる“wands”(杖)、“swords”(剣)、“cups”(杯)、“coins”(硬貨)の4種類それぞれ各14枚、56枚を組み合わせた78枚のタロット―カードを使って占っていく占術です。日本では22枚の大アルカナと呼ばれるカードのみを使う占い方がメジャーですが、小アルカナを組み合わせることで内容を細かく占うことが出来ます。

 

タロット占いで占えること

占術は命占・卜占・相占の3種類に分けられます。タロットカードは生年月日など特定の情報には基づかず、相談に対して引いたカードから結果を読み取り答えを導きます。偶然性から必然的な答えを読み取る、卜術の代表的な占いです。
タロット占いは短いスパンを占うのに適しており、 主に3か月程度の過去や未来を占うことが出来ます。そのため、人の心の揺れ動きが重要となる恋愛・人間関係の相談、すぐに道を選ばなければならない進路相談などで根強い人気があります。
注意したいのが、占える期間が3か月以前・先と短いこと。 一度タロット―カードで占ったら、その結果が出るであろう2か月から3か月程度は間をあけなければなりません。その間何度占って異なる結果が出ても、意味はありません。

 

タロット占いの学び方

まずはタロットカードを入手しましょう。オーソドックスなカードを選ぶのはもちろんおススメですが、直感で気に入ったカードを選ぶのも良いです。ただ、タロットカードには絵柄の違いだけでなく、マルセイユ版、ウェイト版、ライダー版など様々な流派に分かれています。事前に勉強してから選ぶようにしましょう。
タロット占いは前述した通り、引いたカードから意味を読み取り、答えを導きます。なのでまずは大アルカナ・小アルカナのカードの意味の読み取りをきちんと学びましょう。教本やインターネットを見れば、カードの意味は分かります。趣味として占うなら、ただ意味を暗記すればいいですが、プロとしてやっていくためにはある程度の独自性を持たなければなりません。
自分が絵柄から感じるカードの印象、インスピレーションも大事にしましょう。まずは 何も知識を入れず、カードを見て、絵柄から感じたことを書き出してみるのがオススメです。